ペーパードライバーを甘く見てはいけない

私は長いことペーパードライバーを続けてきましたが、最近、やんごとなき事情により、車を運転する機会が増えてきています。

先日は生まれて初めて駐車券を取るという難業に挑みました。

駐車券発行機に近すぎても遠すぎてもアウトという厳しい制約の中、なんとか程よいところに車を停めることができました。

あとは手を伸ばして駐車券を取るだけ、というところで


「ゴンッ」


…窓が開いてませんでした。

ダイヤモンドは砕けない?

おめーは俺を怒らせた(ゴゴゴゴゴ…


いや、言ってみたかっただけです。いいですよね。ジョジョ。最近はアニメもやってるみたいですね。見たことはありませんが。

評判は散々だったようですがゲームも出てましたね。こちらもやったことありませんが。


個人的には第3部が好きですが、第4部も捨てがたい。人によっては第1部とか第2部が至高なんて言う人もいて、最近のものが好きって人もきっといるでしょうし、人によって好みが分かれるところも魅力の1つかもしれません。いずれにしても、主人公と物語の舞台が変わってもこれだけの長い間、人気が続いているというのは凄いことです。

ところで、ジョジョのそれぞれのシリーズにはサブタイトルがついているわけですが、これは5部以前は連載時には付いてなくて、後からつけたものなんだとか。

ちなみに各部のサブタイトルは以下の通り
第1部・・・ファントムブラッド
第2部・・・戦闘潮流
第3部・・・スターダストクルセイダース
第4部・・・ダイヤモンドは砕けない
第5部・・・黄金の風
第6部・・・ストーンオーシャン
第7部・・・スティール・ボール・ラン
第8部・・・ジョジョリオン

今日は第4部のサブタイトル「ダイヤモンドは砕けない」についてお話したいと思います。

ダイヤモンドって、とにかく硬いイメージがありますよね。地球上の物質で一番硬い。みたいな。

なんでそう思われているかというと、物質の硬さの指標の1つであるモース硬度が天然の物質の中で一番高いためだと思われます。

このモース硬度というのは、ざっくり言うと、引っ掻いたときに傷ができるかどうかの指標です。これが高いということは、ダイヤモンドには傷が付かないということになります。例えば、ダイヤモンドと他の宝石を箱の中に入れてガチャガチャ振ると、ダイヤモンドは無傷だけど、他の宝石はダイヤモンドに引っ掻かれて傷だらけになる。そんなイメージでしょうか。

ここで重要なのは、このモース硬度は割れやすさとは無関係だということです。Wikipediaのダイヤモンドのページから引用すると。
よくダイヤモンドは耐衝撃性に優れているような印象があるが、鉱物としては靱性は大きくないので瞬時に与えられる力に対しては弱く、金鎚で上から叩けば粉々に割れてしまう。

要はダイヤモンドって、衝撃にそこまで強いわけではないということです。

割れるかどうかの基準としては「靭性」というのが用いられるようで、こちらのページの表によれば、ダイヤモンドの靭性は7.5。石英やアクアマリンと同等で、エメラルドやトパーズよりは硬いけど、コランダム(ルビー・サファイヤ)やヒスイよりも割れやすいということになるようです。

まとめると「ダイヤモンドは砕ける」し、「ルビーやサファイヤの方がどっちかというと砕けにくい」ということになろうかと思います。

なので「ダイヤモンドは砕けない」を鵜呑みにして、お手持ちのダイヤモンドを戯れにハンマーで叩いてみたり、といったことはやめておいた方が懸命です。くれぐれもお気をつけを。



ねぎとろの真実

ねぎとろってあるじゃないですか。
ミンチ状のマグロ肉と細かいネギの混ざったアレ。
ね~ぎとろ巻き巻き♪か~いわれ巻き巻き♪でお馴染みのアレ。
え?知らない。そうですか。若いっていいですね。

まぁそんなことはどうでもよくて、先日スーパーに行ったら、ねぎとろが売ってたわけですよ。
でもよく見たらネギが入ってない。トロしか入ってない。
私以外にも気になった人がいたのでしょう。ちょうど居合わせたお客さんが魚コーナーの店員に聞いてるわけですよ。

「これ、ネギ入ってないけど?」

店員もどっちかというとペーペーなのか、なんだか歯切れが悪くて、そうですねぇ、みたいな対応。

「自分でネギ刻んで混ぜたらねぎとろが作れるって商品なの?」

店員の回答は「はぁ多分そう思います」みたいな感じ。
そういう商品ならそういう商品で良いのですが、お父ちゃんにお使い行かせたらプチ事故になりそうだなとか思ったり思わなかったりしながらその日は大人しく帰宅。

そしたら後日ネットでこんな記述を見つけたわけですよ。

http://www.japantuna.net/press50
「ネギトロ」の「ネギ」の語も、「身をねぎ取る」という言葉から派生したものだそうで、野菜のネギとは関係がなく、一般的に、ネギトロにネギをのせることはあっても、ネギトロ自体にネギが入っていることはありません。
マジスカ!!?

結局、ねぎとろはネギが入ってないのが正しくて、いわゆる「ねぎとろ巻き」なんてのは「ねぎの入ったねぎとろ」と呼ぶのが正しいということになるのでしょうか。

これは驚きました。

世の中知らないことがまだまだあるものです。


まぁ、一番驚いたのは魚コーナーの店員の適当っぷりですが。

WorkingPaper会計ではじめる個人事業主会計の基礎の基礎

この記事ではこれから複式簿記を始めようと考えている個人事業主の方向けに、WorkingPaper会計を使った会計処理の基礎の基礎のついて記載しています。

日清 旬麺彩 彩り野菜の芳醇旨辛みそ

なにやら見慣れないカップ麺が売ってたので買ってみました。